スクーデリアオクムラ ― CBR954RRの整備完了2016年12月03日 22:50

MEダンピングチューニングを施したCBR954RRが戻ってきました。土曜の夕刻スクーデリアオクムラに預け、木曜の夕刻に受け取るというスピーディーな進行です。

フロントフォーク

リヤダンパー


引き渡しに先立ちメカニックの方から交換部品を前にして作業内容の説明があります。
純正フロントスプリング

交換部品のいろいろ

ダンパーオイルは汚れが目立っていたこと、フロンロフォークインナーパイプは傷と錆があったため研磨加工にて修正したこと、ステムベアリングには摩耗・変形など支障は認められなかったため洗浄およびグリース入れ替えで継続使用することで問題ないことなどが説明されました。


『セッティングデータベース』(用紙)を受け取ります。私の車両のデータは次のとおりです。

【フロンロフォーク】SHOWA 43φmm
・突き出し量:2mm
・スプリングレート:0.90kgf/mm(純正は0.72〜0.96kgf/mm)
・スプリングイニシャル:9mm(最弱から6.0回転締め込み)
・伸び側減衰:最強から1.25回転戻し
・押し側減衰:最強から1.00回転戻し
・オイル:MEO-03(#7.5)
・オイルレベル:85mm
・インナーパイプ曲がり R側:0mm→再使用
・インナーパイプ曲がり L側:0mm→再使用

【リヤショック】SHOWA
・車高(ショック長):284mm
・スプリングレート:14.3kgf/mm
・スプリングイニシャル:5段目(14mm)
・スプリングセット長:151mm
・伸び側減衰:最強から3.5回転戻し
・押し側減衰:最強から3.5回転戻し
・ガス圧:11.0kgf/cm2(入庫時6.0kgf/cm2)


家に戻ります。
ショップを出て南に向かうと信号2つで名二環(めいにかん、名古屋第二環状自動車道)にぶつかります。400mていどの距離ですけど微妙に凹凸があり低速時のフィーリングチェックには具合よい路面です。
日ごろ気になっていたステアリングに伝わるゴツゴツとした振動が減っていることが判りました。ブレーキングする際の安定感は期待通り向上していることが確認できました。

名二環に入り東名高速の名古屋インター方面へ走らせます。飛ばすことはせず走行車線を流れに乗ってじっくりフィーリングチェックします。
フロントのスプリングレートが変わっていることに改めて気付きます。弱くブレーキを掛けたときの姿勢変化が少なくなりました。路面の継ぎ目を通過するときの振動は具合よく軽減しています。総じて上質で引き締まった足回りになったという印象です。

交換部品を改めて見てみます。

リヤダンパーの純正メインバルブピストン

取り外したリヤダンパーの純正シム

純正ピストンは戻ってきます。今回はオリフィス径を大きくしたバルブピストンを製作し、減衰特性に合わせてシムを組むことになります。
狙った特性はスポーツ性の向上と快適性の両立です。


フロンロフォーク・インナー・スライドメタル

フロンロフォーク・アウター・スライドメタル

スライドメタルのテフロン加工面(黒い部分)は摩耗していないように見えますが、手に取って確認すると消耗していることが判りました。


ワインディングロードを走ってきました。
カーブ手前に減速喚起のペイントが施されている場所があったりしますけど、あそこを通過するときはモロに振動が伝わり不快極まりないものです。それが見事に軽減していました。「ガタガタガタ」だったものが「コツコツコツ」になった感じです。
乗り心地はとても良好です。

ワインディングを走るといってもそんなには飛ばしません。スピードよりリズムというのでしょうか、減速・リーン・加速の一連の動作をテンポ良く刻んでいくことを楽んでいます。
MEダンピングチューニングは充分応えてくれました。フロントをシングルレートにしたことが肝になっているのでしょうか、動きが分かりやすくライディングに専念できます。
スポーツ性は相当なものです。


今回バイクを預けるにあたり名鉄上小田井駅まで奥村代表にご案内いただきました。車中でも話は尽きず、乗り方やセッティングのこと、高品質なダンパーの特徴といった話題から、新聞紙は毛羽立ちが少ないからパーツを拭くのにけっこう使える事だとか、ためになることを楽しく教えていただきました。
メンテナンスを通し改めてサスペンションの重要性が理解できました。

スクーデリアオクムラ ウェブサイト

12月初旬の師崎漁港朝市2016年12月04日 23:45

今朝は早起きして師崎漁港朝市に行ってきました。
師崎漁港朝市

愛知県は穏やかな気候がつづき師走なのを忘れてしまうほどですけど、朝市に並ぶ魚は夏とは少しずつ変わってきています。今日はマダカが豊漁だったようです。

マダカ(全長は約50cm)

シロギス


シロギスはすべて天ぷらに、マダカは塩焼きと天ぷらにしました。
マダカの天ぷらは、塩で軽く下味をつけてから揚げました。美味。

ヒラメにカニクリームなどを挟みオーブンで焼き揚げるといった洋食メニューがありますが、ヒラメのかわりにマダカでやっても充分いけそうな感じです。中国料理で揚げた魚に甘酢あんをかけるやつがありますけど、きっと合うような気がします。

鰹節の削り方2016年12月11日 18:20

料理を作ることがあります。
鰹昆布だしを取るのはけっこう面倒です。顆粒のだしの素ならあっという間に準備ができるから比較になりません。ただ一手間かけて引いただしは美味しく仕上がってくれます。

休みの日にだしを引いてそれを瓶に小分けして冷蔵庫保管したり、冷凍庫保管しておくと手軽に風味を楽しむことができます。



刃を研く必要があるし面倒ですけどやはり良いものです。

鰹節のプロがこっそり教える削り方|かつお節塾|株式会社にんべん

オスプレイ墜落―教養としての「昭和史」集中講義2016年12月15日 23:50

オスプレイが墜落する事故がありました。それに関する大手メディアの報道姿勢が薄気味悪いです。

「オスプレイ墜落」報道で在京キー局が沖縄のテレビ局にも「墜落」を「不時着」に言い換えるよう圧力!|LITERA/リテラ

「制御できずに墜落」 新たな構造欠陥指摘 オスプレイの元主任分析官のリボロ氏 - 琉球新報

言葉を大切に扱わないといけない大手メディアがそれを失ってしまいました。自らの存在価値をどこに見出すというのだろう。
信頼度や評価が下がることは自覚しているだろうから、それに見合うだけの価値がきっと存在するのでしょう。

安保法制、改憲、原発再稼働、TPP、南スーダン派兵、つい最近だとカジノ合法化・・・。歴史の文脈の中で現代日本を見ていく必要がありそうです。


歴史といえば、学習院大学 法学部 政治学科 教授 井上寿一さんの本を買う予定です。井上さんのプロフィールは下のURLを。
井上 寿一 | 教員メッセージ | 学習院大学法学部

欲しい本はこれです。
教養としての「昭和史」集中講義 教科書では語られていない現代への教訓 (SB新書) | 井上 寿一

ウェブサイトに本の紹介文が記されています。一部引用
=== ここから ===
しかし当時は、たいていの国民は日中戦争を支持しているのです。戦地で犠牲者が増え始めているのを知りながらも戦争景気に湧き、その後の真珠湾攻撃さえも、洗脳されたわけでも強制されたわけでもないのに、やはりたいていの国民が快哉を叫びました。いったいなぜなのか? それは同時代人の身になってみないとわかりません。歴史とはそういうものなので、いわばタイムマシンに乗ったつもりでその時代に身を置いてみることが必要なのです。
歴史とはいわば過去のデータベースですから、それを参照していまの文脈に当てはめてみる。そういうふうに考えれば歴史はまったく無味乾燥なものではありません。言い方を変えれば、今日的な関心がなければ、過去にさかのぼる必要はない。つまり歴史を学ぶ意味はないとさえ私自身は思っています。
=== ここまで ===

辺境ラジオ【12月18日深夜放送分】2016年12月22日 23:10

MBSラジオが不定期放送している『内田樹&名越康文の 辺境ラジオ』
MBSラジオ1179ポッドキャスト | 内田樹&名越康文の 辺境ラジオ
の【12月18日深夜放送分】がiTunesで視聴できます。

MBSの「内田樹&名越康文の 辺境ラジオ」を iTunes で


出演:
・内田樹(神戸女学院大学名誉教授)
・名越康文(精神科医)
・西靖(アナウンサー)
ゲスト:
・仲野徹(大阪大学大学院教授)

TSRカレンダー ― 月曜から始まります2016年12月23日 00:30

CBR954RRのオイル交換でTSR白子店へ行ってきました。
伊勢湾岸道を走ってみたところ先のサスペンションチューニングの効果がより明確になりました。しっかり直進してほしい場面では安定して真っすぐ進み、カーブでは考えることなくリラックスしたまま曲がってくれるます。疲労度が少なくなったのは大きなメリットです。


取り置きしてもらっていた2017年のカレンダーを受け取りました。
TSRカレンダー入荷! | TSR白子店


月曜から始まっています。
日曜から始まるカレンダーが多いですけど、使い勝手がよいから月曜開始のカレンダーをもっぱら使っています。
“レースウィーク”に蛍光ペンでラインを引いたりするとき、日曜開始のカレンダーだと何だか変な感じになってしまいます。

カレンダーの裏側にはTSRのトレンドマーク、カブトムシの由来が記されています。


EURO-TSRカーボンマフラー
マフラーに描かれているカブトムシのマークにはこんな思いが込められていたのですね。

包丁購入2016年12月30日 20:50

包丁を買ってきました。メインに使っている万能包丁の買い替えです。
研ぎながら使ってきたのですけど、以前にくらべると切れ味が落ちています。新しいもの好きなこともあって調理器具店へ行ってきました。
名古屋にある「調理村」です。

“大感謝祭”と称して年末年始の大売り出しをやっていました。
包丁コーナーには子ども連れのご夫人が包丁を物色しているところでした。並んでいる包丁を手にしながら候補を絞っています。察するにずいぶん長く店員とのやり取りしつつ確認作業をしているようです。何度も手に取っては重さや大きさ、バランスなどをみています。最後は満足げに気に入った包丁を購入されてました。

さて。
ミソノ刃物株式会社の包丁を買うことにしました。
ミソノ刃物株式会社 MISONO CUTLERY CO., LTD.

MISONO UX10 No. 781: 三徳庖丁 180 mm


こんな包丁です。
メーカーウェブサイトから。
=== ここから ===
ミソノは名刀関の孫六で有名な800年の伝統を誇る刀都関で、
プロ用包丁を鍛え続けてきた専門メーカーです。
燃え盛る炎の中で刀工が玉鋼を打ち、鍛え、練りながら、その魂を刀身に焼き込むように、ミソノの包丁も熟練した職人の名人芸によって鍛え上げられてきました。
ミソノはそのような名人の職人集団が、伝統の技の上に新しい加工機械を駆使する先端技術を複合した加工方法を確立し、鋼やステンレス鋼を中心にした金属材料に鍛造、形つくり、熱処理、研削、研磨加工、刃付け加工に高度なテクノロジーを誇る調理刃物の一貫生産メーカーです。
=== ここまで ===

=== ここから ===
EU製の高純度ピュアステンレス特殊鋼を使用し、ミソノの古い伝統と新しい技術の複合から生まれたステンレス鋼包丁の最高峰。
ハガネ包丁なみの鋭い切れ味と研ぎやすさ。
UX10はミソノの登録商標です。
=== ここまで ===

さっそく使ってみます。
キャベツ、リンゴ、大根、ロースハム・・・。
スパっと非常によく切れます。この切れ味は魅力です。
丁寧に扱っていけば長く使っていけそうです。

上の説明でハガネ包丁なみの切れ味と表現されていますが、鋼の包丁はたしかに鋭い切れ味があります。
小さなものをもっていて、下の写真はシロギスなど小魚の天ぷらをやるときに重宝する位の大きさです。
ただ扱いには配慮が必要で錆が発生しやすいことは難点です。

白鋼の包丁


錆が発生

仕舞うときに薄く油を塗布し錆び対策したつもりでしたけど、しばらく使っていなかったら錆が発生していました。油を塗っておけば良いってものではないのですね。

ステンレスであれ白鋼であれ、素材をスパっと切ってくれる包丁は使っていて心地よいものです。