S耐第3戦_鈴鹿2017年06月11日 21:35

鈴鹿サーキットでスーパー耐久第3戦を観てきました。
鈴鹿サーキット

ヘアピンカーブ
ドライバーの順位よりも、各マシンのライン取りに意識がいってしまうことがあります。
“ヘアピンへのアプローチはけっこう最初から右寄りのラインを通っているけどあれはスリックだからかなぁ、ラジアルだとコース真ん中くらいのライン取りになるのではないかなぁ”、などと走行会で自分が走るときのイメージトレーニングをしています。実際参考になります。

1コーナー

チェッカー
長丁場の耐久レースは場所を変えながら観戦できる楽しみがあります。例えば、S字区間を間近で観ると滑るマシンを上手にコントロールして前に進めていることが分かります。見事です。
やはりジムカーナのような速度域の低いところで練習するのが上達への近道になるのでしょう。

さて。
『8耐ZONE』なるものがサーキット内に設営されています。
8耐仕様 HONDA CBR954RR
私の愛車は2002年式 CBR954RRです。こうした展示は嬉しいです。

フロントまわり
写真では伝わりにくいかもしれませんが、レース車両は市販車にはない“凄み”を放っています。見ていて飽きません。キャリパーだけでコーヒー3杯はいけそうです。^^;

コメント

トラックバック