ワークスタイプハンドルバーエンドでスタイリッシュに2017年08月06日 21:55

最近CBR954RRのスロットルが戻りにくくなることがあり気になっていました。よく見るとスロットルグリップがバーエンドに接触しているのが原因でした。

交換前のスロットルグリップ

ハンドルバーエンドのアップ画像


ショップに画像添付メールで相談します。
グリップの消耗が見受けられるので交換することにしました。
またアフターパーツのバーエンドを教えてもらいました。
ワークスタイプハンドルバーエンド - TSR ONLINE SHOP

スロットルグリップが抜けてくるようなことがあると再び同じように接触するかもしれません。この製品はその対策にもなるとのことです。

“ワークスタイプ”、と聞いた時点で心は大きく傾き、ほぼ即決です。金属光沢が美しくスタイリッシュです。改めて黒い純正バーエンドを見るとやけにヤボったく感じます。
3cm位の小さなパーツですけどバイクの印象は随分変わるものです。

TSR製ワークスタイプハンドルバーエンド



ところで。
7日前に鈴鹿8耐は終りました。“TSR/Technical Sports Racing”のチーム総監督、藤井正和氏のレース直後インタビューをTSR公式Facebookで観ることができます。 是非!